「照姫まつり」に12万人 都立石神井公園(産経新聞)

 練馬区石神井台の都立石神井公園で25日、練馬の春の祭典「照姫まつり」が行われ、豪華な衣装をまとった照姫やよろい姿の武者ら約100人が周辺を練り歩いた。家族連れら約12万人が訪れ、時代絵巻を楽しんだ。

 照姫は室町時代中期に石神井城を居城とした武将、豊島泰経(としま・やすつね)の娘。泰経が宿敵、太田道灌に敗れ、公園内の三宝寺池に身を投じると、後を追ったと語り継がれている。照姫まつりは照姫の悲話を伝えようと、実行委の主催で昭和63年に始まり、今回で23回目。

 照姫役は公募で選ばれた区内在住の中学2年、榎元幸奈さん(13)。公園内の野外ステージで出陣式を行い、泰経の合図で武士団全員が声をそろえてときの声をあげた後、公園周辺や西武池袋線石神井公園駅前まで行進。照姫役の榎元さんは沿道の声援ににこやかに手を振って応えていた。

ギリシャ問題、日本への影響軽微=菅財務相(時事通信)
仕分け第2弾は天下りにメス、47法人を決定(読売新聞)
北教組幹部、起訴内容認める方針=小林氏陣営への違法献金事件(時事通信)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS−11」を見学(産経新聞)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
[PR]
# by 7cpl98wlou | 2010-04-27 18:10

明石歩道橋事故、元副署長を初の強制起訴(読売新聞)

 兵庫県明石市で2001年7月、11人が死亡した歩道橋事故で、神戸第2検察審査会の起訴議決を受けて選任された検事役の指定弁護士が20日午前、明石署の榊和晄(かずあき)・元副署長(63)(退職)を業務上過失致死傷罪で神戸地裁に在宅起訴した。

 昨年5月に施行された改正検察審査会法に基づく指定弁護士の強制起訴は全国初。

金賢姫元工作員 来月日本招請へ 中井担当相、韓国側と詰めの協議(産経新聞)
<自民党>参院選公認2人を発表(毎日新聞)
産廃処理業者3社、処理法違反で許可取消し(産経新聞)
ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏(時事通信)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
[PR]
# by 7cpl98wlou | 2010-04-23 03:32

石原都知事 新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)

 石原慎太郎東京都知事が、新党「たちあがれ日本」の発起人として、久々に政治的な注目を浴びた。新党からの参院選出馬は明確に否定したが、一時は知事を辞職して出馬するという意思を固めたという。「このままじゃ死に切れない」と国を憂える石原氏。なぜ今、新党なのか。来春に都知事選を控え、周辺は石原氏の本心を推し量る。【渡辺暖】

 「保守の再生」が課題の石原氏は、このところ民主党への批判を激化させている。6日の全国知事会議では、民主党が永住外国人への参政権付与に前向きなことについて「地方行政が外国人によって左右されかねない仕組みを、(地方分権を推進する)彼らが言い出すのは全くの自己矛盾。危険な提案だ」とこき下ろした。

 10日の「たちあがれ日本」の結党会見では、「都政はいろんな問題を抱え、任期が残っているから、責任だけは果たす。来年が参院選挙なら分かんねえな。血が沸き立っているよ。できるだけのことをやりますよ」と慎太郎節に力を込めた。

 石原氏に近い関係者は「2月までは新党の誘いがあっても乗り気じゃなかったが、3月になって前向きになったようだ」と話す。何があったのか。

 都議会は、09年7月の選挙で民主が国政に先駆けて大勝し、第1党に躍進。石原与党だった自公は過半数割れし、主導権を失った。悲願の16年夏季五輪の招致もかなわず、新銀行東京は経営難に苦しみ再建途上。まさに石原都政は手詰まり感を漂わせていた。

 そこにきて、築地市場の移転問題が再燃。移転反対の民主と一触即発の状況が続き、予算案の修正案を突き付けられそうになったのが3月だ。結局、互いに譲歩して乗り切ったが、先の関係者は「知事はこのころ、本気で辞職することも考えていた」と明かす。

 「東京から日本を変える」が口癖。ある都幹部は「元々都政よりも国政に関心が強かった人。都政でいい材料が見当たらない状況で国政に関心を強めるのは当然の流れでは」と解説する。

 石原氏は「最後のご奉公」と言って3選を果たしており、今期で退くのは既定路線だ。都庁内では「4選出馬の可能性は1割もない」との声も。「(石原知事の下では)攻めの施策は出てこない。次の知事のためにとっておくのが役人」(都幹部)などと、冷ややかな声すらある。

 こんな見方もある。石原氏は新党旗揚げの会見で「私たちは年寄りだが、30代、40代、50代の人間に頑張ってもらいたい」と若い世代の奮起を促した。三男宏高氏は45歳。衆院議員を1期務めたが、昨年の衆院選で落選し、現在は浪人中だ。石原氏周辺からは「新党から比例で宏高氏が出馬することもあり得るのではないか」との声も聞かれる。

 各党は参院選の民意を見定めて都知事選の候補者を擁立することになる。参院選の結果と、知事選の民主党候補者次第では「反民主」を掲げ、4選に名乗りを上げるとの見方もくすぶる。本当にそのつもりかどうか、喜寿の石原知事は最近、やたらと元気がいい。

<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
日航再建で16日に視察=衆院国交委、情報開示も要望(時事通信)
保健師個人を対象とした初の全国調査―日看協(医療介護CBニュース)
NHKに「工藤会」名乗る抗議電話 警視庁が捜査(産経新聞)
愛知・遺体遺棄 容疑者の一部、殺害認める 3人身元確認(毎日新聞)
[PR]
# by 7cpl98wlou | 2010-04-20 14:07

立川談志さん 高座に復帰(毎日新聞)

 糖尿病などによる体調不良のため昨年9月から活動を休止していた落語家の立川談志さん(74)が13日夜、高座に復帰した。東京・新宿の紀伊国屋ホールで開かれた「立川流落語会」のトリで、毒舌の利いた小噺(こばなし)を交えながら「首提灯(ぢょうちん)」などを約25分演じ、観客の喝采(かっさい)を浴びた。

 だが、その後の会見では落語の出来に不満をあらわにし「声が出にくくなって、とりあえずしゃべってきたという気持ちですね。(この会見は)引退インタビューに近い状況になりかねない」と自嘲(じちょう)気味に語った。

 体調は万全というわけではなく、通院は続けるという。次回は5月4日、東京・よみうりホールで行われる落語会に出演する予定。

【関連ニュース】
立川談志さん:13日に復帰
立川談志:1月復帰を断念 糖尿病の治療に専念
立川生志:大病から高座に復帰 「落語やりたいと思った」
<特集>落語・お笑いのページ
<今週の本棚から>『立川談志と落語の想像力』=平岡正明・著

病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
<スペースシャトル>山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)
大阪の小3ひき逃げ、70歳を逮捕 家族にうながされ出頭(産経新聞)
<交通反則切符>バイクに持ち去られる 静岡・富士宮市で(毎日新聞)
議員立法を事実上解禁 民主、参院選前にガス抜き(産経新聞)
[PR]
# by 7cpl98wlou | 2010-04-14 10:32

<公務員法案>審議入り 次官級ポストなど巡り「改革競争」(毎日新聞)

 政府提出の国家公務員法等改正案と、自民党とみんなの党が共同提出した対案が6日の衆院本会議で審議入りした。部長級以上の600ポストを同格と見なし、次官級から部長級への降格や逆の昇格も柔軟に行える「政治主導」の人事実現を優先した政府案に対し、対案は事務次官・次官級ポストの廃止や課長級以下への降格も盛り込まれ、「改革競争」の様相を呈している。

 「政府案は驚くべきことに麻生内閣の法案(廃案)よりはるかに後退している。民主党は天下り根絶を断念した」。本会議で対案の説明に立った自民党の塩崎恭久元官房長官は声を張り上げた。

 野党側が特に問題視するのは「内閣人事局」の規模。08年6月に成立した国家公務員制度改革基本法は、総務省の定員管理や人事院の機能を移管した数百人規模の内閣人事局を施行後1年以内に発足させると規定しているが、今回の政府案は「3年以内」と先送りし、当面は部長級以上の人事案の作成や調整が主な業務の数十人規模となっている。

 塩崎氏は「与野党合意で成立した基本法を思えば、あり得ない暴挙だ」と非難。仙谷由人国家戦略担当相は「今回の法案は第一歩。内閣人事局で引き続き労働基本権や、定年まで勤務できる環境、抜本的な改革を進める」と理解を求めた。

 場外戦も盛り上がる。みんなの党の山内康一国対委員長は6日の記者会見で「どう考えても政府案より我々の案の方が政治主導確立に適した法案だ」と胸を張ったが、民主党の山岡賢次国対委員長は党の会議で「みんなの党は公務員(制度改革)で(考えが)合わない、と自民党を出た人たち。自民党と一緒に対案を出すのは不思議だ」と指摘した。

 仙谷氏も記者会見で「文言上厳しく見えるものを出しても、あなた方(自民党は)ここ20年、何をやってきたんだ、という話に過ぎない」と述べ、事務次官を頂点とする各省庁との蜜月関係を誇った旧政権を皮肉った。鳩山由紀夫首相は「修正協議に応じるつもりはまったくない」と原案通りの早期成立を目指す考えを記者団に示した。【青木純、野原大輔】

【関連ニュース】
天下り:資格試験委託の公益法人で9割超 仕分けの対象に
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など
社説:公務員ビラ無罪 注目すべき問題提起だ
社説:原口一博様 もう少し的を絞っては
枝野行政刷新相:4月にも仕分け作業開始 就任会見で抱負

拉致担当相が黄氏と面会、北の情勢聞き取りか(読売新聞)
「首相にふさわしい」大差で舛添前厚労相(読売新聞)
幼稚な自己顕示…投稿動画から「最速走り屋」逮捕(産経新聞)
日本の親、成績に無関心=米中韓の高校生比較−財団調査(時事通信)
厚労省、独自の省内事業仕分け…刷新会議に先行(読売新聞)
[PR]
# by 7cpl98wlou | 2010-04-09 00:23