タミフル服用後死亡で請求棄却=17歳亡くした父、医薬品機構訴え−岐阜地裁(時事通信)

 インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後に異常行動を起こし死亡した岐阜県内の男子高校生=当時(17)=の父親(52)が、タミフル服用と死亡の因果関係が認められず精神的苦痛を受けたとして、厚生労働省所管の独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」に対し、慰謝料100万円を求めた訴訟の判決で、岐阜地裁(野村高弘裁判長)は4日、父親の請求を棄却した。
 訴状などによると、男子高校生は2004年2月5日、タミフルを服用した約4時間後に自宅を飛び出しトラックにはねられ死亡した。
 機構は06年7月、タミフル服用前に飲んだ抗インフルエンザ薬「シンメトレル」の副作用が原因で自殺を図ったとして遺族一時金の支給を決め、タミフルによる死亡を認めなかった。父親は不服申し立てをしたが却下されている。 

【関連ニュース】
タミフル違法広告で逮捕=輸入代行業者ら6人
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝
衆院選無効訴訟で請求棄却=比例票の価値「平等」
中外製薬、10年12月期純利益22%減=「タミフル」売り上げ半減で
「着うた」新規参入妨害認定=大手4社審決取り消し請求棄却

偽札 東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく(毎日新聞)
【from Editor】強さの秘密を探る(産経新聞)
国が止めても県が入札開始…八ッ場ダム関連工事(読売新聞)
書の甲子園 校名プラカード揮毫も真剣 岡山・明誠学院高(毎日新聞)
函館線運転再開、脱線列車2両を撤去(読売新聞)
[PR]
by 7cpl98wlou | 2010-02-06 00:32


<< 火災 群馬で店舗全焼…焼け跡か... 東京地検、鹿島会長を参考人聴取... >>