「照姫まつり」に12万人 都立石神井公園(産経新聞)

 練馬区石神井台の都立石神井公園で25日、練馬の春の祭典「照姫まつり」が行われ、豪華な衣装をまとった照姫やよろい姿の武者ら約100人が周辺を練り歩いた。家族連れら約12万人が訪れ、時代絵巻を楽しんだ。

 照姫は室町時代中期に石神井城を居城とした武将、豊島泰経(としま・やすつね)の娘。泰経が宿敵、太田道灌に敗れ、公園内の三宝寺池に身を投じると、後を追ったと語り継がれている。照姫まつりは照姫の悲話を伝えようと、実行委の主催で昭和63年に始まり、今回で23回目。

 照姫役は公募で選ばれた区内在住の中学2年、榎元幸奈さん(13)。公園内の野外ステージで出陣式を行い、泰経の合図で武士団全員が声をそろえてときの声をあげた後、公園周辺や西武池袋線石神井公園駅前まで行進。照姫役の榎元さんは沿道の声援ににこやかに手を振って応えていた。

ギリシャ問題、日本への影響軽微=菅財務相(時事通信)
仕分け第2弾は天下りにメス、47法人を決定(読売新聞)
北教組幹部、起訴内容認める方針=小林氏陣営への違法献金事件(時事通信)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS−11」を見学(産経新聞)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
[PR]
by 7cpl98wlou | 2010-04-27 18:10


<< 入札巡り200万円収賄容疑、空... 明石歩道橋事故、元副署長を初の... >>