普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)

 防衛省の長島昭久政務官は25日午前、来日中のグレグソン米国防次官補と省内で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などをめぐり意見交換した。長島氏は「政府のアイデアが確定しているわけではない。厳しい状況の中で、皆が納得できる案に到達できるよう努力したい」と語り、5月末の決着に向け政府案のとりまとめを急ぐ考えを伝えた。グレグソン氏は「それを待ちたい」と応じるにとどまった。

 グレグソン氏は日米同盟関係深化のための協議で来日した。この日は普天間問題のほか、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)や東アジア情勢などでも意見交換した。

【関連記事】
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官
亀井氏、「自主防衛力の強化を」
普天間問題 首相「県外あきらめていない」
福島氏、県内移設も容認?「反対だが従う」の二重基準多用
「現在の計画が最善」 普天間問題などで米国防次官補代理が証言

<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検(時事通信)
伊吹山ドライブウエイで除雪作業はじまる(産経新聞)
<中日本ボクシング協会>元幹部3800万円横領か(毎日新聞)
神崎・元公明代表、任期中に辞職へ(読売新聞)
[PR]
by 7cpl98wlou | 2010-03-26 10:10


<< 北教組事件 1600万円原資は... 小林氏陣営に提供1600万、北... >>