被害者参加人、被告殴る=死亡事故、無罪主張に−水戸地裁(時事通信)

 自分の車に追突した車をそのままの状態にして走行し、追突した車の運転手を死亡させたとして、自動車運転過失致死や道交法違反の罪に問われた被告の論告求刑公判が11日、水戸地裁であり、被害者参加制度に基づき出廷した遺族が被告を殴り、河村潤治裁判長に退廷を命じられた。
 殴られたのは無職高橋重義被告(60)。最終意見陳述後、死亡した男性運転手=当時(29)=の母親が検察官の横の席から証言台の被告に近づき、「息子を返せ」と声を上げて拳で背中などを約10回殴った。弁護人によると、被告にけがはないという。
 論告で検察側は「救護措置を取らずその場から逃走した。救出していれば命は助かった」として懲役3年6月を求刑。母親は「重い実刑を」と意見を述べた。弁護側は、車が追突したと認識しておらず死亡との因果関係はないとし、公判で一貫して無罪を主張している。
 起訴状などによると、2008年12月3日午前5時ごろ、高橋被告が茨城県笠間市の常磐道の走行車線に大型トラックを止めたところ、男性の中型トラックが追突し、後部にめり込んだ。高橋被告はその後、そのままの状態で約20キロ走行。途中で中型トラックが炎上、男性を焼死させたとされる。 

【関連ニュース】
無期懲役を求刑=「追い詰められた」と死刑回避-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁
元部下、2人殺害認める=「強盗目的ではない」-遺族が審理参加
わいせつ殺人、起訴内容認める=遺族の夫が被告に質問-43歳男の裁判員裁判・静岡
被害者参加、二審は実刑=死亡ひき逃げの男
850人に出廷許可=半数が自動車運転致死傷

科学技術予算に重点=菅財務相(時事通信)
<普天間移設>陸上案「完成に10年」政府試算(毎日新聞)
正面衝突で3人死亡=小3男児も重体−堤防沿いの県道・名古屋(時事通信)
千葉法相、夫婦別姓の今国会提出に改めて意欲(産経新聞)
JR総武線、千葉―成東で一時運転見合わせ(読売新聞)
[PR]
by 7cpl98wlou | 2010-03-16 17:37


<< 採血基準、12年ぶりに改正へ−... 佐藤が棋王奪還にあと1勝(産経新聞) >>